インプラント治療

インプラント治療とは

歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。天然歯が虫歯や歯肉の病気、あるいは事故などで歯を失うなどの理由で歯の修復が必要とされた場合に顎骨にインプラントを埋め込みその上に歯を固定する治療です。インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。埋め込まれたインプラントは、平均 6~12週間の治療期間を経て骨にしっかりと結合します。この期間、当院で使用しているインプラントシステムではほとんどの場合、インプラントの頭を歯ぐきの外に出した状態ですので、他のインプラントを使用した場合のようなインプラントの頭を出すための2回目 ※ の手術をする必要がありません。

※患者さんの状態によっては、インプラントの手術は 2回法を選択する場合もあります。

インプラント治療のシミュレーション

歯を1本失った場合は通常であればブリッジと言って、失った歯の両サイドの健康な歯を削ってそこに被せ物をする治療が主流でしたが、それだと健康な歯を2本削らなくてはならないというデメリットがありました。インプラント治療では健康な歯を削らずに失った部分のみインプラントを埋入して被せ物を付けるので、まわりの健康な歯を傷つけずに天然歯同様な見た目と機能の回復が可能です。

 

 

複数の歯を失った場合、インプラント治療とブリッジを併用し修復をはかります。ブリッジの支柱となる歯がインプラントなので健康な歯を傷つけづに見た目と機能を手にする事が出来ます。

 

 

インプラントとバーを固定し、総入れ歯(総義歯)を固定したケースです。これによって通常の入れ歯よりしっかり固定され、ほぼ自然に近い噛み心地が味わえます。

このページの先頭へ戻る