審美歯科

審美歯科とは

審美歯科治療とは美しさに焦点をあてた歯科治療の事を指します。例えば、銀歯を白いセラミックの被せ物をする、黄ばんだ歯をホワイトニングを使って白くすると言ったことが審美歯科治療のひとつになります。

今までは富裕層な方がする治療をすることが多かったですが、最近では芸能人やスポーツ選手などのテレビなどのメディアでよく見かける方々の影響で一般の方々にも認知されるようになり審美歯科治療をする機会が増えてきました。

私たち『めぐみデンタルクリニック』が考える審美歯科治療は『キレイな白い歯』、『お口のアンチエイジング』、『ホワイティスビューティー』をコンセプトに皆様のライフスタイルの一部となることを切に願っております。

審美歯科治療の種類

メタルボンド

メタルボンドは金属の裏打ちの上にセラミックを焼き付けて作るクラウン(被せ物)です。強度に優れ歯に近い色調を出すクラウン(被せ物)としては、従来この方法が用いられてきました。欠点としては年月が経過すると歯肉が下がった場合に被せた歯の根元に金属の色が出てくる可能性があります。また、ハイブリッドセラミックやオールセラミックと比べると色調に透明感を出すことが難しいという欠点ということもあります。

ハイブリッドセラミック

セラミックの持つ審美性と耐久性、並びに硬質レジンの操作性を併せ持った、金属に変わる審美修復材料です。インレー、クラウン、ブリッジなど適応範囲の広い治療ができます。

主に部分的な詰め物として使用します。比較的安価にてご利用頂けます。奥歯に金属の詰め物がされていたり、これから詰め物をする際、金属が気になる場合に詰める、白いセラミック製の詰め物です。ただし、オールセラミックと比べ色調がやや劣り、年月経過するごに変色することがあります。

オールセラミック

オールセラミックは、クラウン全体がセラミック(陶器)で出来ている白の陶材の素材です。インレー、クラウン、ブリッジなど適応範囲の広い治療ができます。オールセラミックは金属を一切使用していない素材なので、色調の点でもきわめて自然の歯に近いものを再現することができ、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。また、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

ラミネートべニア

歯の表面を少し削り、薄いセラミックの板を表面に貼付けします。遺伝的にホワイトニングだけでは白い歯にならない場合や、歯の形態を直したい時に、歯の表層を少し削り、セラミックを貼る方法です。治療期間は2回程度の通院で済みます。材質はポーセレン(セラミック)ですから、歯ぐきにもやさしく、磨耗や変色の心配もありません。

歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、磨耗した歯、奇形歯などにも幅広く適応でき、セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形を修正できます。

ホワイトニング

ホワイトニングは歯を専用の薬剤を使って白くする方法です。ホワイトニングをすることによって黄ばんだ歯を白くすることが出来ます。

ホワイトニングには大きく分けて、一般的にご自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングの2種類あります。ドクターのカウンセリングをしっかり聞いた上で皆さまのライフスタイルに合ったホワイトニングを受けることをお勧めします。

このページの先頭へ戻る