小児歯科

小児歯科

守ってあげよう!

子供の健康で白い歯は、お父さん・お母さんの対応しだいで決まります。赤ちゃんのときから、歯の健康管理にも気をくばりましょう。

乳歯と永久歯はどう違うの?

乳歯と永久歯の基本的な歯のしくみはほぼ同じです。乳歯と永久歯の違いは歯の数、大きさ、固さが違います。乳歯が1年数か月で生えてくるのに対し、永久歯は5~6年かけて、じっくり生え代わります。数は乳歯が20本ですが、永久歯は28本。親知らずを含めると、全部で32本あります。

乳歯の虫歯は永久歯が抜ければ、新しい歯になりますので新たに健康な歯が生えてきますが、永久歯が虫歯になれば代わる歯がないので、被せ物やインプラントや場合によって入れ歯になってしまう可能性はあります。そうならないためにも子供のうちから歯の予防をするように習慣づけをし、大人になっても虫歯になりにくい環境を作ってあげましょう。

むし歯の原因は3つ

むし歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌。この細菌は、甘いもの(糖)をエネルギーとして作り出すネバネバによって、歯の表面にフィルム状の細菌の被膜デンタル・プラーク(歯垢)を作ってしまいます。

その結果、歯垢の中で「酸」をつくり出すことにより歯の表面のphがさがり歯のエナメル質が溶かされてむし歯になってしまうのです。むし歯が発生するのは、「歯」と「歯垢」と「糖」がすべて揃ったときなのです。

むし歯を防ぐには、歯垢をきちんと除去したり、甘いものを控えたりして、この3つの要因を揃えないようにすることが大切です。

ハイブリッドセラミック

ミュータンス菌は子供の歯が生え始めた頃(1~2歳前後)、母から子へ感染すると考えられています。3歳ぐらいまでは感染の機会をなるべく少なくする事が重要です。お母さんの口の中にミュータンス菌が多いと、それだけ子供にうつる率が高くなります。母子ともにむし歯治療、むし歯予防が重要となります。

オールセラミック

歯並びの悪さは、見た目の問題はもちろん健康を維持するために、よく噛んで食べることが大切なのです。そのためには正しい歯の噛み合わせと、歯並び、そしてそれを取り巻く筋肉などお口全体のバランスを考えることが必要です。物を食べることから、しゃべり方まで日常気付かない小さな異常が大きな問題を生じることもあります。歯並びについて気になることは何でもご相談ください。

ラミネートべニア

・フッ素 乳歯・永久歯ともに、定期的に塗布することで歯質を丈夫にし虫歯予防を防ぎます。さらに、口の中を虫歯になりくい環境にすることが出来ます。
・シーラント 奥歯の溝に薬を流し表面のでこぼこを無くす事で、汚れがたまり難くなり虫歯を出来にくくします。
・定期健診 特に虫歯がないようでも定期健診を受けることにより、乳歯の時の虫歯の早期発見や予防が出来ますので、定期健診を受けてお子様の歯の予防をしましょう。

ホワイトニング

・ブラッシング指導 本人にあった磨き方を指導。フロス(糸ようじ)・歯間・矯正用・歯ブラシの必要な部位などの使い方等。
・間食指導 10歳くらいまでのお子様に、間食のとり方・飲み物とお菓子の関係等、表を使ってわかり易く説明。
・唾液テスト
(緩衝能テスト)
唾液は口の中でとても重要なものであり、虫歯のなりやすさに深く関係しています。唾液の性質を知る事により、それぞれにあわせた食生活のアドバイスを行っています。

このページの先頭へ戻る